エントレ

普段はエンジニアとして働くNSCA-CPT持ちのパーソナルトレーナーが身体づくりと栄養について解説します。

NSCA認定トレーナーがNSCA-CSCSの受験資格、取得難易度を解説

f:id:parato:20180825122410p:plain

このページではNSCA-CSCSというスポーツトレーナーの認定資格について紹介・解説します。

NSCAではCSCSとCPT2種類の資格を運営していますがCSCSはCPTの上位資格にあたる資格でCPTと比べて高度な知識を要求されます。

上位資格だけあって取得できればトレーナーとしての仕事に一気に弾みがつくことは間違いありません。

まだトレーナーの資格を持っておらず、これからトレーナーの資格取得を目指す、という方はまずはNSCA-CPTの取得を目指した方が良いかもしれません。

NSCA-CPTについては別でまとめていますので、こちらを参考にしてみてください。

NSCA認定トレーナーがNSCA-CPTの取得難易度や勉強方法を解説

受験に必要なもの

NSCA-CSCSを受験するため事前に満たしておく条件や費用などを把握しておきましょう。

受験資格

NSCA-CSCSでは受験資格として以下の3つの条件を全て満たしていることを求めています。

  1. 下記(1)、(2)、(3)のいずれかに該当する者 (1) 学校教育法が定める4年制大学の卒業者または大学4年生の卒業見込み者。 (2) 学校教育法が定める4年制大学独立行政法人大学改革支援・学位授与機構、または海外の大学より学位(学士・修士・博士)を授与された者。 (3) 高度専門士*の称号を付与された者。 学部不問。出願時に、4年制大学の卒業証明書もしくは卒業見込み証明書、または学位取得を証明する書類(学位授与証明書、修了証明書)、または高度専門士の称号取得を証明する書類が必要。
  2. 出願時および受験時に、NSCAジャパンの会員(正会員、学生会員、英文会員)であること。
  3. 出願時に有効なCPRおよびAEDの認定を保持していること。 出願時に有効なCPRおよびAEDの認定を保持していない場合は、受験日の1年後までに、有効なCPRおよびAEDの認定証のコピーを提出すること。

簡単にいうと大卒(学士)以上の学歴(1番)、NSCAジャパンの会員(2番)、CPR/AEDの認定(3番)の3つが揃っていないといけませんよ、という意味です。

学歴(1番)

NSCA-CPTでは高卒以上の学歴を要求されていましたが、NSCA-CSCSでは大卒以上の学歴を要求されています。

専門学校卒の方でも高度専門士の課程を修了していれば同等と認められるようです。

学部は不問なのでスポーツ系専攻以外の方も受験可能です。

NSCAジャパン会員(2番)

NSCAジャパンのWebページから申し込みが可能です。

会員になると年間10冊機関誌の購読ができます。

正会員になるには年会費¥12,960が必要ですが、学生の方の場合は¥10,800で会員になることが可能です。

CPR/AED認定(3番)

CPR/AED認定についてはNSCA外部の講習を自分で受ける必要があります。

CPRとは"Cardio Pulmonary Resuscitation"の略で、心肺蘇生法という意味です。

AEDは"Automated External Defibrillator"の略で、自動体外式除細動器という意味です。

AEDは最近は知名度や設置率も上がってきたのでご存知の方も多いと思いますが電気ショックで心停止を回復させる装置です。

CPR/AED認定とは誰かが倒れてしまった時などの一次救命処置を的確に行うための講習を受けることです。

講習には様々な団体が開催しているので日程や会場から受講しやすい講習を選んでください。

ただし、NSCAジャパンでは講習に実技・実技評価が含まれていることが条件となっているのでご注意ください。

また、費用も講習によって違ってくるのでよくご確認ください、大抵は¥2,000程度です。

 

資格取得までに必要な費用

NSCA-CSCSを取得するまでにどの程度費用がかかるのかまとめました。

 

NSCA-CSCS認定試験受験料:¥49,300

NSCAジャパン会員年会費:¥12,960(学生会員は¥10,800)

CPR-AED講習受講費:¥2,000程度

受験用教材・対策講座費用:¥10,000~¥50,000程度

 

これに試験会場や対策講座会場への移動費など雑費が乗ってきます。

教材や対策講座にかける費用次第ですが、最低8万円程度かかると思っておいたほうが良さそうです。

教材については中古品も流れているのでそれを活用したり、講座についてはNSCAジャパン会員だと割引もありますので予め会員になっておくなどして費用を抑えることができます。

また、NSCA-CSCSでは認定試験にセクションが2つ(基礎化学・実践応用)ありそれぞれに合格点が設定されています。

片方不合格の場合は受験し直しが必要です、その場合の再受験料は¥33,400となっています。

費用の支払いについてはクレジットカード、コンビニ払いの他、ペイジーも利用可能です。

 

認定試験受験にあたり必要な条件や費用などは以上です。

 

認定試験について

ここからは認定試験について具体的な内容や試験対策などを参考までにまとめていきます。

認定試験の概要

NSCA-CSCSの認定試験は3つの選択肢から正解を1つ選ぶマークシート方式です。

NSCA-CSCSの認定試験に実技試験はありません。

試験問題数は基礎科学が80問、実践応用が110問あります。

それに加えて採点に影響しないノンスコアード問題がそれぞれのセクションに15問ずつ用意されているので2セクション合計で220問で構成されています。

試験時間は基礎科学が90分、実践応用が150分となっています。

出題分野と問題の配分は以下のようになっています。

-基礎科学-

  • エクササイズサイエンス 59問
  • 栄養学 21問
  • ノンスコアード問題 15問

 -実践応用-

  • エクササイズテクニック 38問
  • プログラムデザイン 39問
  • 組織と運営 13問
  • テストと評価 20問
  • ノンスコアード問題 15問

合格点

合格点はScaled Scoreと呼ばれる相対的スコアで「70以上」とされています。

合格点は各セクションで設定されているので基礎科学・実践応用それぞれで70以上のScaled Scoreを取る必要があります。

Scaled Scoreは試験内容ごとに統計的に算出されるもので1問何点といった配分ではないためどの分野を重視すればよいか、などの情報が与えられていません。試験内容によっては分野に偏りがある場合も予想されるので、得意・不得意の分野をつくらず満遍なく学んでおく必要があります。

認定試験の受験方法

NSCAではコンピューターベース試験といってコンピュータ上の画面で試験を進める方式を採用しています(2016年4月~)

受験できる会場は日本各地にあるため受験日・会場を自分の都合に合わせて選ぶことが可能です。

出願

f:id:parato:20180828012743p:plain

願書受取

f:id:parato:20180828012759p:plain

試験予約

f:id:parato:20180828012816p:plain

受験

f:id:parato:20180828012828p:plain

試験結果はその場でわかります。

認定試験に合格し受験資格を満たしていれば後日NSCAジャパンから認定資格証が送付されてNSCA-CPTとして認定されます。

受験時にNSCAジャパンの会員でなかったり、CPR/AED認定が完了していない場合はそれらが揃ってから認定資格証が発行されます。

 

更新手続き

NSCAの認定資格は一度認定されても資格を維持するために更新手続きが必要です。

NSCAでは、アメリカのNSCA本部が指定したNSCA資格更新手続き期間の間に継続教育活動単位(CEU)と呼ばれるポイントを取得する必要があります。

NSCA資格更新手続き期間

現在アメリカのNSCA本部が指定している資格更新手続き期間は2018年1月1日~2020年12月31日の3年間です。

f:id:parato:20180829140347j:plain

3年間の間に指定されたCEUを取得する必要がありますが、資格を取得した時期によって必要なCEUのポイント数が違います。

f:id:parato:20180829140405p:plain

この解説を作成している2018年に資格を認定されると次の2020年末までに必要なCEUは4.0ポイントです。

期間最終年の2020年7月以降に資格認定された場合は今回の更新手続き期間はCEUの取得は不要です。

次の資格更新手続き期間は2021年から3年間で予定されていますが必要CEUなどは変更になる場合もあるので注意が必要です。

CEU(継続教育活動単位)

資格更新手続きを行うのにこのCEUを取得する必要があります。

CEUはNSCAが設定する様々な活動で取得することができます。

例えばNSCAが主催するセミナーに参加したり、ストレングス&コンディショニングに関するクイズに一定数以上正解する、などです。

CEUの取得を目指す際注意したいのはCEUが取得できる活動はカテゴリー分けされていてカテゴリーごとに取得できるCEUの上限が設定されていることです。

上限値は必要CEU数によって異なります。

f:id:parato:20180829143202p:plain

同じカテゴリーの活動ばかり行っていたために取得CEUが不足してしまうことのないように注意したいところです。

カテゴリーはA・B・C・Dの4つに分かれていて

  • カテゴリーA:セミナーなど教育イベントへの参加など
  • カテゴリーB:CEUクイズやイベントへのスタッフとしての参加など
  • カテゴリーC:NSCAジャパンが指定する研修活動
  • カテゴリーD:自己学習内容のレポート提出など

 

必要なCEUの取得ができたらNSCAのWebサイトでマイページから更新手続きを行います。

ちなみに更新手続きを行う際にCPR/AED認定が切れていたりその年の認定を取得し忘れていたりすると更新が認められないので更新申請時には注意してください。

 

ここまでの解説でNSCA-CSCSの認定試験~資格更新に関する理解が深まったと思います。

次の項目ではNSCA-CSCS認定試験合格のための勉強方法や認定試験の難易度について解説します。 

NSCA-CSCS認定試験合格のための勉強方法

NSCA-CSCSは試験が2セクションに及ぶ膨大な量になっているので闇雲に勉強しても中々合格には近づけません。

また、トレーナーとしての指導経験を生かすような内容もあるのでゼロからスタートする方には難易度は高いかもしれません。

 

勉強方法

-基礎科学-

基礎科学の内容はNSCA-CPTの認定試験でも出題されるようなスポーツ科学に関する内容です。

こちらのセクションは教材にある内容を中心に学んでいくことで合格に近づきます。

基礎科学セクション向けの対策講座などもNSCAでは開催していますが教材の勉強でも十分に合格圏内まで知識を高めることが可能です。

大学でスポーツ系の専攻だった方は復習に近い勉強内容になると思うので、得意だった分野は思い出す程度にして苦手分野を集中的に繰り返すと点数の底上げに繋がります。

 

-実践応用-

実践応用のセクションではトレーナーとして指導を行う際の知識や経験を問う問題が出題されるため教材の学習だけでは不足する可能性があります。

実践応用については積極的にセミナーや対策講座を受講して実践の知識を吸収するようにする必要があります。

セミナーや対策講座の受講は費用がかさみ時間も多く取られますが、受講した内容は今後のトレーナー活動でも役立つことは間違いないので前向きに捉え学習に励みたいところです。

 

試験難易度

 

NSCA-CSCSは取得することでトレーナーとしての実力を保証してくれる高い信頼を持つ資格なので、認定試験の難易度もNSCA-CPTと比べてグッと上がります。

合格率はNSCA-CPTの70%弱と比べると50%程度ということで難易度が一気に上がっているのが分かります。

それでも半数の人が合格するのはスポーツ系の専攻出身の方の受験数が多いことや事前に対策講座などを受講してから試験に臨む方が多いからと言えます。

 

試験形式自体はNSCA-CPTと同様マークシート方式なので試験形式によって点数が左右されることは少ないと思います。

しかし、要求される知識は高度になっているので自分が持つ知識に自信が持てるようにしっかり学習して認定試験に臨みたいところです。

 

資格認定後のトレーナーとしての活動

NSCA-CSCSの資格を取得するとトレーナーとしての実力の保証は他の認定資格と比べて頭1つ抜きんでていると言えます。

そのため、スポーツ関連の仕事を探す際などはかなり有利に働きます。

取得までに必要な費用や労力を考えても十分に活用できる資格だと思います。

もちろん個人で活動する場合でも実力を保証する際の確かな情報として公開できるので顧客からの信頼獲得にも役立つでしょう。

 

是非、トレーナーとしての活動の際は資格取得にあたり得た知識をフルに活用してください!

 

まとめ

NSCA-CSCSの認定資格について取得のために必要な情報をまとめました。

現在のNSCAジャパンでは最上位資格にあたる認定資格なので取得の難易度は高いですが、その分得られるリターンも大きいトレーナー資格だと思います。

 

これからNSCA-CSCS取得を目指す人で本記事を読んでいただいた方は是非NSCA-CSCS取得に向けて頑張ってください。

また本ブログ"エントレ"ではNSCAの資格取得に興味がある方のお問い合わせなどにも対応しています。

ページ上部かプロフィールからお問い合わせフォームに飛んでいただきご連絡頂ければと思います。

Twitter上でもご相談可能です。

お問い合わせ - エントレ