エントレ

普段はエンジニアとして働くNSCA-CPT持ちのパーソナルトレーナーが身体づくりと栄養について解説します。

どんなダイエットをするときでも忘れちゃいけない管理項目2つとは?

f:id:parato:20180901113358p:plain

最近の健康・フィットネスブームに限らず様々なダイエット法を見かけると思います。

ダイエット、というと大変・きついというイメージが先行しやすいので〇〇するだけ!といった謳い文句で紹介されることが多いですね。

〇〇するだけで1ヶ月で〇kg落ちた!という言葉と共にダイエットを紹介されると、それなら自分でも・・・と思ってしまいますよね?

しかし、いざ実践してみると紹介されていた内容と結果が違ってうまくいかなかった、そんな経験ありませんか?

実は、〇〇するだけ、といってもダイエットをする際には必ず管理していることがあります。

それを管理しないままダイエットを実践しても思ったような効果が得られないことがほとんどです。

今回はその必ず管理するべきコトについて解説したいと思います。

ダイエットをする上での大前提

今回解説する必ず管理するべきコトは2つあります。

1つ目はどんなダイエットの方法でも必ず考えておかなければいけない大前提です。

それはカロリー収支の管理です。

カロリー収支というのは1日あたりに摂取するカロリー量と消費するカロリー量を差し引きした数字を言います。

 

例えば、20代成人男性の場合、1日の消費カロリーの平均は2,000kcalぐらい*1です。

そして1日に摂取するカロリーが2,200kcalだとすると以下のようにカロリー収支を考えることができます。

摂取カロリー - 消費カロリー =2,200 - 2,000 =カロリー収支 +200kcal

1日あたり200kcalのプラスなので毎日続けていると確実に太ってしまう計算になります。

脂肪は1㎏で約7,200kcalなので計算例のペースだと1ヶ月ちょっとで脂肪1kg分の余分なカロリーを摂取してしまうことになります。

これはどんなダイエット法を行うにしても重要なことです。

カロリーについて書かれていないダイエット法でもカロリー収支はマイナスになるようにしなければ脂肪が減っていくことはありません。

完璧にダイエット法を実践してもうまくいかなかった方はこのカロリー収支を見直す必要があるかもしれません。

 

管理しておくべきもう1つのコト

2つ目の管理するべきコトはPFCバランス管理です。

PFCとは、Protein・Fat・Carbohydrateの頭文字でタンパク質・脂肪・炭水化物を意味します。

この3つの栄養は3大栄養素と呼ばれる身体にとって特に重要な栄養です。

ダイエット法を実践しなくてもこのバランスを整えるだけで身体の調子がよくなったり体型がよくなったりすることもあります。

一般的に言われているPFCバランスはP:F:C=1.3~2:2~3:5~6.5*2ですが、トレーニングを頑張っている人はPの比率が上がりますし、糖質制限ダイエットをする場合などはCがほとんど0になります。

具体的なPFCバランスの目標は個人差があるので身体の状況に合わせて調整することになります。

 

この2つを管理したうえでダイエットに励みましょう

以上2つのコトをしっかりを管理したうえでお好みのダイエット法を試していただければと思います。

TVなどでダイエット法を紹介するとき画面の下の方に小さく「※専門家指導の下~」と書いてあると思いますが今回解説したコトなどを放送していない部分で管理しているはずです。

この2項目の管理は自分自身で管理することもできますが、自制が難しい部分でもあります。

そこで、第3者に見てもらうとやりやすいので私のようなパーソナルトレーナーの出番ですね。

 

まとめ

今回はダイエットを実践する上で大前提となる管理するべきコトについて解説しました。

甘い話には裏がある、というわけではありませんが簡単な運動やちょっと食事を変える程度だとあまり効果的に痩せることはできません。

もちろん長期的に続けられれば効果は上がってきますが、長期的に続くような人が安易に流行りのダイエットには飛びつかないでしょうしね。

 

繰り返しになりますが、

"カロリー収支がマイナスにならない限り絶対にやせることはありません。"

 

ダイエットを実践する際は今回解説した内容を常に頭に入れて取り組んでいただければと思います。

 

「エントレ」ではダイエットを含む身体づくりに関する相談をお受けしています。

お問い合わせはお問い合わせフォームまたはTwitterアカウントへDMやリプライでも受け付けております。

NSCA-CPTトレーナーである筆者が丁寧に対応させていただきます。

まずはお気軽にご連絡ください。 

*1:日本人の食事摂取基準(2010年版準拠)

*2:日本人の食事摂取基準(2015年版)