エントレ

普段はエンジニアとして働くNSCA-CPT持ちのパーソナルトレーナーが身体づくりと栄養について解説します。

体組成とは?体組成に関連する用語について解説

f:id:parato:20180908105612p:plain

測定器具の発達で身長・体重以外の自分の身体に関する様々な情報を簡単に見られるようになってきました。

情報の正確性については議論の余地がありますが継続的に複数の情報が計測できるのは非常に魅力的です。

せっかく体組成計が色々な情報を表示してくれるのに体重や体脂肪率しか見ていないこと、ありませんか?

健康に気を使っていたりダイエットしている人でも意外と体重や体脂肪率だけ見ていること多いのですが自分の身体の状態を知るのにこれらの情報は重要です。

今回は体重や体脂肪率を含めた体組成の情報について解説します。

まずは体組成がどういう意味なのか解説していきます。

体組成とは?

体組成とは人の身体を構成する要素をそれぞれ分別して身体が何でできているか?を表す言葉です。

身体を構成する要素は主に"骨"、"筋肉"、"脂肪"、"水分"の4要素です。

これらの要素を正しく測定するにはCTやMRIを使った物理的な計測が必要です。

普通に生活していてCTやMRIといった機械は利用しないので体組成計(いわゆる体重計)を用いた計測が一般的かと思います。

体組成計で身体の構成要素を計測する場合は計算で導き出されます。

体組成計での計測

ほとんどの市販されている体組成計では生体電気インピーダンス法と呼ばれる方法で体組成を計測しています。

生体電気インピーダンス法は身体に微弱な電流を流しその際の抵抗値を計測することで体組成を計算から導き出します。

なぜ抵抗値から体組成を計算できるのかというと、、、

身体を構成する筋肉や脂肪は電気の通しやすさ、つまり抵抗値が異なるため脂肪と筋肉の比率を計算することができるようになります。

ちなみに抵抗値は脂肪>筋肉なので以下のように考えることができます。

脂肪の多い人、筋肉の少ない人:抵抗値が大きい

脂肪の少ない人、筋肉の多い人:抵抗値が小さい

計測された電気抵抗値と年齢や身長・体重の情報から体組成の計算が行われます。

さらに高精度に計測することもできる

生体電気インピーダンス法である程度の精度で筋肉や脂肪の量を計算することができますが、実は筋肉の電気特性は個人の運動習慣などによって結構バラつきがあることが分かっています。

そのため、同じ身長・体重・筋肉量でも運動習慣の違いで計測結果に差がでることがありました。

それをさらに高精度にするために

ただし、これらの機能は業務用の体組成計だったり市販されているものでも高級モデルにしか搭載されていません。

高精度な計測がしたいという方は体組成計購入の際はご注意ください。

体組成計で測定できること

この項目では体組成計で計測できることをまとめます。

体組成計によってはもっと多くの情報を計測できることもありますが一般的には以下の項目になります。

体重:自分の身体全体の重さを指します、日々の変化を見る時は体重を指標にしましょう。

 

体脂肪率:体内に蓄えられている脂肪の体重に対する割合を指します、ダイエットの際はこの数値を指標に目標を立てましょう。

 

内臓脂肪:体脂肪の内、筋肉の内側内臓の周りについた脂肪のことを指します、内臓脂肪量増加は生活習慣病に直結するため普段から注意したい数値です。

 

皮下脂肪:体脂肪の内、皮膚の下につく脂肪を指します、見た目に最も影響がでやすい脂肪です。

 

体水分率:体内に含まれる水分の割合を指します、水分として計算されるのは血液・リンパ液・細胞外液・細胞内液が主な成分です。

 

筋肉量:私たちの身体を動かす筋肉組織の重さを指します、体組成計によって数値の表し方が異なり、除脂肪体重を表している場合や推定骨量や脂肪を抜いた数値を表す場合もあります。

 

推定骨量:私たちの体を支える骨の量を推定した重さを指します、骨量は個人差が大きいため一般的な統計から計算された数値が導き出されるので必ずしも自分の骨量ピッタリとはいきません。

 

BMI:Body Mass Indexの略で体重と身長から導き出される体型指数の国際基準を指します。脂肪量や筋肉量が考慮されていないので同じBMIでも体型が全然違うことがあります。

 

基礎代謝量:1日に消費するエネルギーの内、何もしないで呼吸や心臓を動かすといった最低限必要なエネルギー量を指します、体組成計によっては活動レベルに応じた1日の総消費カロリーを表す場合もあります。

 

まとめ

体組成についてと、体組成計で計測できる項目について今回は解説しました。

体組成計を持っていてこまめに計測もしているけどなんとなく数値を見ていた、というかたはこの記事を読んだ機会に自分の身体の情報について改めて目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

「エントレ」ではダイエットを含む身体づくりに関する相談をお受けしています。

お問い合わせはお問い合わせフォームまたはTwitterアカウントへDMやリプライでも受け付けております。

NSCA-CPTトレーナーである筆者が丁寧に対応させていただきます。

まずはお気軽にご連絡ください。