エントレ

普段はエンジニアとして働くNSCA-CPT持ちのパーソナルトレーナーが身体づくりと栄養について解説します。

筋トレをするときによく聞く用語"RM"、"rep"の意味とは?

f:id:parato:20180918005212p:plain

解説記事では拾いきれない用語解説第2弾は筋トレメニューを組むときによく目にする"RM"と"rep"についてです。

レーニングプログラムを正確に組むためにはこの2つの用語の意味をしっかり理解しておくことは重要です。

なんとなく回数やセット数的な意味で理解している場合は、この記事で理解を深めていただければと思います。

RMとは?

RMはRepsMaxの略で日本語では最大反復回数という意味です。

RMの前に数字をつけて標記します(例:8RM)

RMが表す意味はその負荷で最大何回挙上することができるか、ということです。

RMの説明でよく利用されるベンチプレスを例に解説します。

 

RMの実用例

100kgの重量を1回だけ挙上できる人がいるとします。

 その人にとって100kgは1回が最大反復回数なのでRMは1となり、1RMと表します。

少し重量を下げて80kgだと5回挙上できるとしたらRMは5となり、5RMと表します。

このように個人の能力によってRMの数値は変化します。

ウェイトトレーニングを行う際は"8RMの重量"や”1RMの80%の重量”といった形で手法に合わせて使用する重量を決定します。

1RMはその人が挙上できる最大重量なので測定するのは大変です。

一般的には5~8回挙上できる重量を測定してそこから1RMの重量を推測して重量設定を行うことが多いです。

 

repとは?

repはrepetitionの略で日本語では繰り返しという意味です。

繰り返しの意味から分かるようにrepは挙上する回数を意味します。

なので日本では10回、20回・・・と言っているのを10rep、20repと表しているだけです。

じゃあ、○○回といった方がわかりやすいのでは?と思う方も多いと思いますが、ウェイトトレーニングの世界では広く浸透してしまっているのでご理解いただけると幸いです。

 

RMとrepの表記例

レーニングセットを表記するときRMとrepはセットで使用されます。

いくつか表記例と意味を並べます。

 

1RM × 3set

1RMの重量で1rep(1回挙上)を1セットとして、合計で3repするという意味になります。

RMのみで重量を表記する場合はRMの数値=repになります。

 

5RM × 3set

5RMの重量で5rep(5回挙上)を1セットとして、3セット行うという意味です。

合計で15repすることになります。

 

1RM60% × 8-12rep × 5set

1RMの60%の重量で8-12rep(8-12回挙上)を1セットとして、5セット行うという意味です。

合計で40-60repすることになります。

 

レーニングの手法によって狙うRMやrepは変化します。

レーニングプログラムをパーソナルトレーナーなどに作成してもらうとこうした表記でメニューを渡される場合があります。

そうしたときに言葉の意味を理解していればスムーズにトレーニングプログラムに進めますね!

 

まとめ

ウェイトトレーニングでよく出てくる用語RMとrepについて解説しました。

パーソナルトレーナーとして指導していると、トレーニング経験のある人でもこういった用語を知らない人と出会うのでもっと認知が広がるといいな、と思います。

特にRMの意味などは理解しておかないとトレーニングプログラム作成にも影響するので重要だと思います。

 

「エントレ」ではダイエットを含む身体づくりに関する相談をお受けしています。

お問い合わせはお問い合わせフォームまたはTwitterアカウントへDMやリプライでも受け付けております。

NSCA-CPTトレーナーである筆者が丁寧に対応させていただきます。

まずはお気軽にご連絡ください。