エントレ

普段はエンジニアとして働くNSCA-CPT持ちのパーソナルトレーナーが身体づくりと栄養について解説します。

ビタミンの使用順序?ビタミンカスケードについて解説

f:id:parato:20181015112758p:plain

ビタミンの一種であるビタミンCは栄養に詳しくない人でも身近なビタミンの1つだと思います。

レーニングなどしていない方でなくても普段の食生活で多く摂っておきたいビタミンなので意識して摂取するようにしている人は多いと思います。

実際ビタミンCは身体の様々な機能で利用されるので多く摂取することは非常に良いことです。

そんなビタミンCですが、実は身体の中で使われる順番があることはご存知でしたか?

今回はビタミンが利用される優先順位の概念、ビタミンカスケードについて解説したいと思います。

ビタミンカスケードとは?

ビタミンカスケードとは三石巌氏が提唱した理論でビタミンが体内で使用される順序があることを段々滝に例えて表現したことを表します。*1

カスケード(Cascade)は英語で段々になった滝の意味を表します。

三石氏が理論として発表したビタミンカスケードは滝に流れる水をビタミンCと例えて上から流すビタミンCの量が十分にあれば一番下の段まで滝が流れるというものです。

それぞれの段はビタミンCが身体に及ぼす効果を表していて段がビタミンCでいっぱいになると下の段に流れ込み次の効果が身体に表れていきます。

段にビタミンCがいっぱいになる(下の段に流れるぐらいビタミンCを摂取する)とその段の効果が最大限発揮されるというわけです。

 

ビタミンカスケードイメージ図(ビタミンCの例):

f:id:parato:20181015142455p:plain

 

図には難しく(正しく)書きましたが、肌をきれいにする、風邪予防物質を合成する、といった効果が段を埋めていくと発揮されます。

それぞれの段の順番は人によって違うので同じ量のビタミンCを摂取しても人によっては肌がきれいになって、人によっては風邪に強くなったりと違う効果が出る場合があります。

三石氏がこの理論を発見したきっかけが典型例です。

 

三石氏のビタミンカスケード検証

三石氏は60歳の時に白内障の診断を受けるのですが、ほとんど同じ食生活を送っていた三石氏の妻は白内障の兆候は見られず健康体でした。

ビタミンCが白内障予防に効果があることは三石氏が白内障の診断を受けた頃から知られており、なぜ個人差がでたのかを考えたときにこの理論にいきついたようです。

結果的に三石氏はビタミンCの高濃度注射によって白内障予防に不足していたビタミンCを補給して白内障による失明を免れました。

 

ビタミンカスケードを普段の生活に活かす

ここまでの解説でビタミンカスケードがどんな理論であるか理解していただけたと思いますが、ビタミンカスケード理論を普段の生活に活かすにはどのようにすればよいでしょうか?

答えは単純で段々滝が全て満杯になるようにビタミンをたくさん摂ることが解決策となります。

ビタミンには過剰摂取の懸念もありますが副作用がでるほどの過剰摂取はビタミン剤をボトル丸々飲んだとしても足りるかどうかの量です。

特に水溶性のビタミンCなどが過剰摂取の心配はあまりせずできるだけ多くのビタミンを摂取するように心がけるのが良いかと思います。

 

不足していても身体にはいいことはありませんので、食事からだけでなくサプリなども活用して積極的にビタミンを摂取していきましょう。

 

まとめ

 今回はビタミン摂取によって起きる効果の順番に個人差があるという理論、ビタミンカスケードについて解説しました。

結局のところ効果の発揮に個人差があるといっても、十分な量のビタミンを摂取していればOKなので、身体の調子を整えたいとき是非ビタミンをたくさん摂取しましょう。

 

「エントレ」ではダイエットを含む身体づくりに関する相談をお受けしています。

お問い合わせはお問い合わせフォームまたはTwitterアカウントへDMやリプライでも受け付けております。

NSCA-CPTトレーナーである筆者が丁寧に対応させていただきます。

まずはお気軽にご連絡ください。