エントレ

普段はエンジニアとして働くNSCA-CPT持ちのパーソナルトレーナーが身体づくりと栄養について解説します。

ダイエットやるなら冬がおすすめな3つの理由

f:id:parato:20191211002007p:plain

皆さんボディメイクしてますか?

ダイエットというとどの季節をイメージしますか?

気温が高く汗も良くかく夏前の方が脂肪を燃焼している気になるのでダイエットのイメージがあると思います。

しかし、トレーナー目線ではダイエットは冬こそおすすめなんです。

 

冬は脂肪がつきやすい時期、そう考えてる方は多いと思いますが実際はそうではありません。

この認識を間違っている方は露出の増える春先から夏に向けて効率的にダイエットできないことが多いです。

そこで今回は冬にダイエットをオススメする理由を3つ解説していきたいと思います。

 

この記事の内容を理解することでダイエットを効率的に行えるようになりますよ。

【この記事で得られる情報】

・冬にダイエットをオススメする3つの理由について

・ダイエットを成功させるためのコツから見る冬ダイエットのメリットについて

冬にダイエットをおすすめする理由

冬に行うダイエットは夏前に行うダイエットに比べて身体の働き、栄養摂取、ダイエットを始めるタイミングの3つの面で有利です。

それぞれの理由を正しく理解してより効率的なダイエットを行いましょう。

冬ダイエットおすすめ理由①:代謝が高くなる

冬にダイエットをおすすめする理由その①は1年の中で最も代謝量が大きい季節であることです。

私たちの身体は一定の体温を保つようにできているので外気温が高ければ体温を下げるように働き、低ければ体温を上げるように働きます。

 

体温を下げるには汗をかいて身体の表面から冷却する働きと体内の活動を抑えて発生する熱量を少なくするようにする働きがあります。

活動を抑えるということは当然消費されるカロリーは少なくなるので暑い季節は汗をたくさんかきますがカロリーはあまり消費していない季節ということになります。

 

サウナでたくさん汗をかいても脱水した水分量以上体重が落ちないのはこれが理由です。

失った水分を補給すれば体重はほぼ元通りになってしまいます。

 

逆に体温を上げるには体内のエネルギーを使って発熱しようと働きます。

つまり、寒い季節の方が普段よりも体温を維持するのに消費するカロリー量が増えるのでダイエットには有利というわけです。

体温が上昇する原理

体温は筋肉自体の活動によって発生する熱量と体内でエネルギー(ATP)を作り出す際に発生する熱量によって一定に保たれています。

筋肉の活動による発熱はふるえ熱産生、エネルギー生成時の発熱は非ふるえ熱産生といいます。

ふるえ熱産生

ふるえ熱産生は普段の活動や運動量によって増減します。

また、寒いときに身体がガタガタと震えることがあると思いますがこれもふるえ熱産生による発熱を促すものでカロリーを消費します。

 

活動量は季節に関係なく統一できますが震える現象は暑い季節には起きないので冬の方がよりカロリーを消費します。

非ふるえ熱産生

非ふるえ熱産生はエネルギー生成時の熱量と説明しましたがエネルギーが不足していなくても身体が体温を上げるために起こす身体の自然な働きです。

非ふるえ熱産生によっておきるエネルギー(ATP)合成では脱共役たんぱく質というたんぱく質の作用によってATPが合成されません。

 

つまり体温をあげる熱量を発生させるためにカロリーをガンガン消費してくれるということです。

結果的に暑い時期に比べて1日の消費カロリーが多くなります。

 

非ふるえ熱産生は活動量と比例しません。

そのため、寒い環境にいるだけで私たちの身体は普段よりも多くのカロリーを消費します。

 

そして非ふるえ熱産生に重要な脱共役たんぱく質が存在しているのが褐色脂肪細胞です。

褐色脂肪細胞の活性化が非ふるえ熱産生による熱量の鍵となります。

褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。

白色脂肪細胞は通常の脂肪細胞で主な役割はエネルギーの貯蔵庫です、これが増えたり大きくなったりすると肥満になります。

 

褐色脂肪細胞は脂肪細胞の中に鉄分やミトコンドリアを多く含むため褐色がかって見えるのでそう呼ばれています。

身体中どこにでもある脂肪細胞ではなく心臓や腎臓周辺、肩甲骨の間、脇の下周辺に存在しています。

 

褐色脂肪細胞が多いほど体温も高くなり1日に消費するカロリーも増やすことができます。

ただし、純粋な褐色脂肪細胞は年齢と共に減少することがわかっています。

 

褐色脂肪細胞は平均的に50g程度存在するといわれていますが40代中盤を過ぎると一気に減少して1g近くまで減少してしまいます。

褐色脂肪細胞の急激な減少は中年になると痩せにくくなる原因の1つといわれています。

 

残念ながら褐色脂肪細胞は加齢と共に減少することを食い止めるのは難しいことも分かっています。

ベージュ脂肪細胞とは

では減少する褐色脂肪細胞を補う方法はないのか?

実は、普通の脂肪細胞である白色脂肪細胞が褐色脂肪細胞化して減少した褐色脂肪細胞を補うことができます。

 

それがいわゆるベージュ脂肪細胞と呼ばれる脂肪細胞で白色脂肪細胞が褐色脂肪細胞のように働くことがわかっています。

白色脂肪細胞をベージュ脂肪細胞に変化させるには低温に晒すと良いことがわかっているのでこの点でも寒い冬は有利です。

 

低温環境にいることでベージュ脂肪細胞を増やしながら体温を上げるために非ふるえ熱産生でカロリーをどんどん消費することができるというわけです。

低温といっても極寒の環境に薄着で一日中いるような状況は不要です。

 

肌寒いと感じる程度の気温に1-2時間いるだけでも効果があるので家にいるとき暖房控えめで少し薄着で過ごすだけでも褐色脂肪細胞は活性化してくれます。

冬ダイエットおすすめ理由②:冬に美味しい調理方法はダイエットに有利

 

冬にダイエットをおすすめする理由その②は冬に美味しい調理方法はダイエットに有利な調理方法が多いことです。

冬場に美味しい料理といえば鍋だったり煮込み系の料理だったりをパッと思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?

 

煮込む調理方法は焼く調理方法に比べて食材の栄養素を無駄なく摂取することができるので栄養バランスの良い食事を作りやすくなっています。

ビタミンのように脂や水分と共に流出しやすい栄養素も余すことなく身体に取り込むことが出来ます。

 

また、煮込み系料理は火の通り具合にバラツキが少なく消化吸収面でも有利です。 

ただし、鍋の残った出汁や濃い目に味付けた煮込みソースなどには溶け出した脂などダイエットでは摂り過ぎ注意な栄養がたっぷりです。

 

もったいないですが〆の一品は我慢するか控えめにしたいところです。

冬ダイエットおすすめ理由③:無理なくダイエットできる期間を確保できる

冬にダイエットをおすすめする理由その③はダイエットを始めるのに適した時期であることです。
肌の露出が増える夏場に向かってダイエットのモチベーションが高まる方は多いと思います。

 

ダイエットは短期間に大きな効果を得ようとするほど難しくなります。
世間では手軽さや短期間で大きな効果を謳う色々なダイエット手法が皆さんを誘惑してきますね。

しかし、短期間で大きな効果を謳うダイエットの中には一時的に体重を落とすだけで外見の変化が少なかったり専門的な知識が必要だったりして手軽に実施できないことがあります。


逆に少し長めの期間を設けてダイエットすれば日々ダイエットのためにやることはゆるく済むのでできれば3-4ヶ月ぐらいの期間は欲しいところです。

ダイエットの目標完了時期を服装が薄着になってくる5月頃と考えるとダイエットを始める時期は1月から2月ぐらいが締め切りになってきます。


つまり、寒い時期にダイエットを始めることになるわけです。

さらに余裕をもって分厚いコートを着なくなる時期に完了したいと考えると12月ぐらいから始めるのがよさそうです。


そういった点でも冬にダイエットをすることはおすすめできます。

ここまでの解説を読んでお気づきの方もいると思いますが冬にダイエットをするおすすめの理由には運動に関する内容はありません。

 

普段の生活行動や食事に一工夫するだけで良いのでここに筋トレや運動のカロリー消費を加えればダイエット効果はより高まります。
冬は寒くて動くのが面倒、という方でも実施できるのが強みでもあります。

冬のダイエットでの注意点

ここまで冬にダイエットをおすすめする理由として3点解説しましたが、注意点もあります。
それは誘惑が多いことと体調管理に気をつける必要があることです。

 

おすすめ理由の1つに調理方法に関する内容を解説しましたが、冬場に美味しい料理には脂質・糖質がたっぷりの料理が多いことも事実です。
シチューや鍋の〆に食べる雑炊などは量のわりにハイカロリーなのでいくら冬場は代謝が高くなるといってもオーバーカロリーには注意が必要です。

 

他にも暖房で温まった部屋で食べるアイスやお正月に食べるおせち料理や餅料理など冬場はハイカロリー料理のオンパレードです。
それらを完全に断つ必要はありませんが自分のメンテナンスカロリーに合わせて自制する強い気持ちが必要です。

 

また、代謝を高めるためにあえて薄着などした時に体調を崩さないように注意が必要です。
特に外出時に身体を冷気に晒そうと思うと風や雨雪などで予想以上に冷気に晒される可能性もあるので適度に防寒しましょう。

 

普段からきちんとPFC+補酵素(ビタミン、ミネラル)を摂取している方は体調を崩しにくいとは思いますが冷気によって奪われる体力は思いのほか大きいのでご注意ください。

 

ダイエットの基本ルールは抑えておく

冬ダイエットの注意点に限らずダイエットには基本ルールがそれを守ることもダイエット成功のためには重要です。

ダイエット成功のための基本ルールについては別記事で詳しくまとめているので参考にしてみてください。 

 

まとめ

今回は冬にダイエットをするおすすめの理由を解説しました。

楽にダイエットをすることは難しいですがダイエットを少しでもやりやすくする工夫はいくつもあります。


今回の内容を参考に寒い時期を乗り切って温かくなったら仕上がった身体を披露するのもよいのではと思います。

私たちトレーナーもそれを全力で応援します!

 

「エントレ」ではダイエットを含む身体づくりに関する相談をお受けしています。

お問い合わせはお問い合わせフォームまたはTwitterアカウントへDMやリプライでも受け付けております。

NSCA-CPTトレーナーである筆者が丁寧に対応させていただきます。

まずはお気軽にご連絡ください。