エントレ

普段はエンジニアとして働くNSCA-CPT持ちのパーソナルトレーナーが身体づくりと栄養について解説します。

完全栄養食uFitを試してみてわかった3つのこと

f:id:parato:20200626161609p:plain

皆さん食事管理してますか?

筋トレでもダイエットでも成果を出したいと考えている方は運動やトレーニングだけでなく身体に取り込む栄養についても気をつかって日々取り組んでいると思います。

ただ、トレーニングなどと同様に食事管理で管理する項目も多岐に渡るので気をつかい始めると際限がなく沼に嵌る方もよく見かけます。

 

そんな食事管理ですが最も皆さんを悩ませる問題のうちの1つとして何の食品ら栄養を摂取するかという問題があると思います。

狙った栄養を全てナチュラルフードから自分で調理して摂取できればベストですがそれを毎日毎食続けるのは難しいのでサプリメントを活用した栄養摂取を検討・実践したりする方が多いと思います。

 

特に普段サラリーマンとしてフルタイムで働いているような方はより時短・手間短で確実に栄養を補給できればと考えるのではないでしょうか?

そんなときに役立つのが栄養素をマルチに配合したサプリメントです。

単体の栄養素のサプリメントとは違い身体に必要な複数の栄養素を配合しているので普段の食事で栄養素が不足しがちという方にオススメしやすいサプリメントです。

その中でも5大栄養素をバランスよく配合した完全栄養食と呼ばれるサプリメントが近年商品数を増やしており筆者も気になっていたので試してみたいと思っていました。

 

そんな折、株式会社MAKERSよりuFitという新商品を提供いただき完全栄養食を試す機会がありましたので商品の紹介も兼ねて完全栄養食を使う場合に筆者が感じたことをまとめたいと思います。

完全栄養食のサプリメントを活用したボディメイクやダイエットを効率的に行うにはどうすればよいか理解できるようにまとめていきます。

【この記事で得られる情報】

・完全栄養食uFitの商品概要について

・完全栄養食を普段の生活に取り込む際のポイントについて

完全栄養食とは

完全栄養食は私たちの身体が1食あたりに必要とする栄養素をバランスよく、かつ一定水準以上含んでいる栄養食のことを指しています。

ナチュラルフードでも卵や納豆、ヨーグルトなど身体に必要な栄養素をバランスよく配合しているものも同様に完全栄養食または完全食と呼ばれています。

そのため、厳密な基準はなく必ずしも1食に必要な栄養素を100%満たしていなければいけないわけではありません。

一定以上の栄養素をバランスよく配合しているものがそう呼ばれているようです。

 

完全栄養食単体で完璧な栄養素を達成するのが必須なわけではないため他の食品と合わせることを前提に一部の栄養素を少なめに調整しているものもあるようです。

サプリメントとしての完全栄養食はドリンクタイプやゼリータイプが主流でしたが最近では主食として食べられるパスタタイプやパンタイプの他、プロテインサプリのように摂取できるパウダータイプなども開発されているようです。 

uFitについて

今回株式会社MAKERSより提供いただいたuFitは国内製造の完全栄養食で水や牛乳に溶かして飲むタイプの完全栄養食となっています。

f:id:parato:20200626161112j:plain

栄養素

1回あたりの栄養素は厚生労働省が示す1日に必要な栄養指標*1の1/3が摂取できるようになっています。

通常の食事では過多になりやすい糖質・脂質は控えめにしてあり白米などの主食を食べ合わせることも可能な栄養比率になっています。

f:id:parato:20200626155924p:plain

出典:uFit完全栄養食

牛乳で溶かすことでたんぱく質含有量は20gを超えるのでたんぱく質合成を低下させないようにする必要量を摂取することが可能です。

また、完全栄養食サプリメントとしては珍しいバイオジェニクス(乳酸菌)を配合しているので腸内フローラを気にする方もプロバイオティクスと併用することでより効率的に腸活できるかと思います。

uFit完全栄養食を試した所感

ここからは実際にuFitを飲んでみた感想を書いていきたいと思います。

結論から書いてしまうと単体での完成度が高いのでアレンジはしづらいですが飲みやすく普段プロテインサプリを飲んでいる方なら違和感なく飲めるかと思います。

詳しく書いていきます。

溶けやすさ

一般的なプロテインサプリと同じパウダータイプのサプリメントなのでシェイカーに入れて溶かすのが楽です。

シェイクするとかなりすんなり溶けてくれますしダマはほとんどできません。

消泡剤は入っていませんが泡立ちは比較的少なめなのでシェイクしてすぐに飲めます。

ダマのできやすいサプリメントだと飲み終わりにダマが見えたりしますがuFitの場合は見えませんでした。

f:id:parato:20200626160540j:plain

コップにいれてマドラーなどでかき混ぜる方法だと結構混ざりにくかったので基本的にはシェイクするのが良いかと思います。

水と牛乳両方で試しましたが溶けやすさの違いはほとんどありませんでした。

uFitは静岡県産の国産抹茶を味のベースにしてあって抹茶嫌いの人でなければゴクゴク飲めるおいしさです。

完全にシェイクしても若干残るパウダー感は実際に抹茶を点てた時のようなのど越しに近いので抹茶好きにはむしろ嬉しいかもしれません。

ただ、朝一で飲むには少しのど越しが悪いので筆者の場合は分量より多めの牛乳で割るようにしていました。

抹茶味なので水・牛乳以外で割るアレンジは効きにくいですが少量のコーヒーで溶かしたuFitを牛乳で規定量かそれ以上に薄めることで抹茶オレとして楽しむこともできました。

抹茶味のアレンジについては未開拓な部分が多いので提供いただいたuFitを使って試行錯誤してみたいなと思っています。

体感

uFitに使用されている原材料は筆者が普段単体で摂っているものが多く体感としては正直ありませんでした。

ただし、普段他のサプリメントナチュラルフードで摂っているものを置き換えて普段通りの体調が維持できているという意味では十分体感があるといえるかもしれません。

普段から偏りがちな食生活をしている方はPFCバランスが整う+イヌリン(食物繊維)+乳酸菌の効果で体調が良くなることを体感として得られるかもしれません。

完全栄養食を試してみて分かったこと

今回メーカーより提供いただく形で完全栄養食を初体験してみましたが普段サプリメントとして飲み慣れているパウダータイプだったので飲むこと自体に違和感はありませんでした。

ただし、配合されている栄養素のことまで考えると次の事に注意したいところです。

必要な栄養素の個人差については調整が必要

uFitに配合されている栄養素はあくまで一般的な指標を基に計算された量なので人によっては1食分としては多かったり少なかったりします。

少ない分には追加で何か食べればOKですが多い分にはパウダーの量を減らすなど分量調整が必要です。

特に平均よりも身体の小さい方や日中の活動は少ない方などは必要な栄養素の量も指標より少ない場合もあるのでこのあたりは自分のメンテナンスカロリーなどからきちんと計算しておく必要があると思います。

単体サプリメントの代用には使えない

単体のサプリメントを飲み慣れている方の場合、たんぱく質が不足しているからプロテインサプリを飲もうといった具合でサプリメントを活用すると思います。

完全栄養食の場合、ほしいのはたんぱく質だけでも他の栄養素も多く含まれているので栄養摂取の場面によっては余計な栄養素がついてきてしまうということが起きてしまいます。

もちろんuFitでビタミンなどを追加で摂取しても摂取上限には程遠いので健康上の問題はありませんがきちんと栄養素の量を計算して摂取している方には単体サプリメントを組み合わせた方が管理はしやすいかもしれません。

サプリメント中心の食事内容になる

ナチュラルフードを基本に食事を構成している人には完全栄養食は少し使いづらいかなと感じるのがこの部分です。

完全栄養食サプリメント単体で栄養バランスが非常に良いので通常の食事にプラスワンで完全栄養食を付けてしまうと栄養過多になる可能性もあるので注意が必要です。

完全栄養食を利用する場合は完全栄養食が食事の中心であることを念頭に通常の食事を置き換えるつもりで使用しないといけません。

逆に普段の食事は糖質+脂質ばかりで偏っているから食事を見直したいという場合は効果的に働くサプリメントなのかなと思います。

完全栄養食を使って効率的に栄養摂取

今回は株式会社MAKERSより完全栄養食uFitを提供いただき試してみた内容を記事にまとめました。

筆者自身サプリメントを普段から使っているので違和感なく使用できると感じましたし味も美味しく飲みやすく仕上げられているので場面によっては積極的に使いたいサプリメントだなと感じました。

一方で普段からナチュラルフードを中心に単体サプリメントで補助する食生活をしているので完全栄養食に頼る場面は非常に限定的でよっぽどのことがない限りは今後も完全栄養食に頼る場面はこないのかな、とも感じました。

サプリメントのコンセプトとしては利用しやすいターゲット層はしっかりあってダイエット系の方にはオススメしやすいのかなと思います。

今後も気になるサプリメントはどんどん試していきたいと思っていますので試す機会があれば記事にまとめたいと思います。

ufit.co.jp

「エントレ」ではダイエットを含む身体づくりに関する相談をお受けしています。

お問い合わせはお問い合わせフォームまたはTwitterアカウントへDMやリプライでも受け付けております。

NSCA-CPTトレーナーである筆者が丁寧に対応させていただきます。

まずはお気軽にご連絡ください。